« 西武30000系が入線 | トップページ | EF65-1019(レインボー塗装)が入線 »

2013年2月25日 (月)

模型運転会に参加(’13年2月)

2月24日、この日は久しぶりに恒例の運転会が行われたので、参加してきました。

今回は、初めてとなる新宿御苑前のコースということで、前回の大岡山での脱線事故多発とならないよう、10両固定編成等を中心に持ち込もうと思っていましたが、西武の黄色い3ドア車の混結を色々とやってみたかったので、方針を変えて西武3ドア車主体に変更。

最初に選んだ路線はコース側のポイント整備不良と見られるトラブル続発で、空いている路線へ車両を移動させて、運転を再開。

本線へのアプローチ部分の勾配で空転が多発していましたが、本線上は何とか走行できる様子で一安心。

とりあえずその間に持ち込んだ一部を撮影してみました。

Dscf9644c

留置中の黄色い3ドア車。

 

手前には401系+701系の6連車、奥には旧101系の姿もあり、1990年代前半の新宿線を思わせるような構成としてみましたが、長い留置線は小手指っぽい雰囲気が漂っていました。

せっかく新宿線をメインにと思っていたので、黄色い4ドア車も結構な数を持ち込みましたが、その3ドア車と4ドア車の並びを撮影してみました。

Dscf9648c

701、旧101、401、新101系の並びと、

Dscf9649c

4000、30000、新2000×2、旧2000系の並び。

 

3ドア車の電連カバーは適当に塗装しているので、401系でも黄色くなっていない車両があったりしました。

一方の4ドア車は、団臨でやって来たという設定の4000系(4ドア車ではありませんが)も含めた構成としてみましたが、今のところ製作途中のベンチレーター撤去車の見映えが、他系列と並べても違和感がない出来に仕上がっていることに安心しました。

この他に、貨物列車等も持ち込んで運転しましたが、こんな列車を再現してみました。

Dscf9650c

EF65-1059牽引の甲種輸送列車。

 

38104Fの甲種輸送時に、一部区間の牽引を同機が担当したことがあったものの、残念ながら撮影できていなかったので、模型で撮影しておきました。

この後、西武線内と言うことで、こんな列車を組んでみました。

Dscf9645c

新101系4連牽引の30000系。

 

持ち込んだ新101系のうち、2連と4連の1本ずつが旧塗装だったので、263Fもどきとして牽引させてみました。

新101系の方は、中間車1両が動力車で、この日は不調でしたが、30000系がうまく強調してくれたのか、脱線等のトラブルは発生しませんでした。

結局、この路線に移動してからはほとんどトラブルも発生せず、個人的にはかなり満足できた運転会となりましたが、他の路線ではトラブルが続発したところも見受けられたので、そのあたりは早期の改善をお願いしたいところです。

« 西武30000系が入線 | トップページ | EF65-1019(レインボー塗装)が入線 »

運転会」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2325016/64955914

この記事へのトラックバック一覧です: 模型運転会に参加(’13年2月):

« 西武30000系が入線 | トップページ | EF65-1019(レインボー塗装)が入線 »