« 西武4000系のワンマン改造車が入線 | トップページ | GREENMAX、西武・新2000系の完成品を製品化 »

2012年12月20日 (木)

西武・旧101系が入線

KATOより発売された、西武・旧101系(品番 基本:10-1101、増結:10-1102)が入線しました。

今回製品化されたのは、いわゆるツートンカラーだった頃のもので、実車を撮影したのは横瀬でのイベント時だけなのですが、その実車画像をご覧下さい。

Img_5623ar

横瀬でのイベント時に展示された1224号車。

 

2010年11月頃まで多摩川線で最後の活躍をしていた223Fのうちの先頭車1両が横瀬で保存されていますが、特修とワンマン化改造が施された車両。

一方で模型の方はというと、見た限りでは1980年代の仕様となっており、増結用セットに入っていた163Fを動力化した編成に対して、最初に入線整備を行いました。

Img_6514ar

1163

Img_6515ar

163(M)

Img_6516ar

164

Img_6517ar

1164

Img_6513ar

4連の163F。

 

とりあえず、運転台側のTNカプラーを胴受けが湾曲したもの(品番:JC6328)に交換し、基本セットのクハに付いているダミーカプラーからハシゴを切り出して、床板に接着してみました。

その他、妻面ドア等各部の色入れ、パンタ台の塗装なども行いました。

この後、基本セットの1編成にも入線整備を行い、8両編成を組ませてみました。

Img_6518ar

8両編成となった、旧101系。

 

基本セットに入っている方は、車番が197Fとなっていたので、特修後の仕様としてみました。

前面の換気窓の処理が課題ですが、側面ドア窓は押さえ面式にしておきました。

今回購入したのは16両ですが、残りの8両をどうしようかで、色々と悩んでいます。

« 西武4000系のワンマン改造車が入線 | トップページ | GREENMAX、西武・新2000系の完成品を製品化 »

入線記録」カテゴリの記事

西武」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武・旧101系が入線:

« 西武4000系のワンマン改造車が入線 | トップページ | GREENMAX、西武・新2000系の完成品を製品化 »