« 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 | トップページ | 高崎車両センター配置の旧型客車が入線 »

2011年11月 3日 (木)

ED79-50が入線

TOMIXより発売された、ED79-50番台車(品番:9116)が入線しました。

実車が基本的に重連で運用に入るため、2両購入しました。

Dscf9465c

入線整備待ちの2両のED79-50番台車。

 

EF65の更新機等と似ているようで相違点がいくつもあるED79-50番台車で、特に赤色の乗務員室扉と車体色の組み合わせが新鮮に見えました。

これに製品付属のパーツを説明書に従って色々と取付け、2エンド前面にあるジャンパ栓に色差しを施し、恒例となっている窓ガラスパーツへの色差しを施し、特に何事もなく入線整備を終えました。

Dscf9466c

入線整備が終わった、2両のED79-50番台車。

 

ナンバーは52と57を選択し、52号機の1エンド側、57号機の2エンド側を密自連型のTNカプラーへ交換しましたが、他車に合わせるため製品付属のものではなく、品番がJC6351のものを使用しました。

そして、そのTNカプラーで連結した連結面を撮影してみました。

Dscf9467c

連結面。

 

実車では仙台までの運用を受け持っていた時期があったために今回購入しましたが、こうなると赤いED79も欲しくなってきてしまうのは気のせいでしょうか?

« 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 | トップページ | 高崎車両センター配置の旧型客車が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ED79-50が入線:

« 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 | トップページ | 高崎車両センター配置の旧型客車が入線 »