« EF64-1000(JR貨物更新車)が入線 | トップページ | 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 »

2011年10月14日 (金)

西武6000系、GREENMAXより製品化決定

こちらこちらにあるように、GREENMAXより、西武6000系の製品化が発表された模様です。

Img_4720r

小手指車両基地で並んだ、実物の西武6000系。

 

ちょうど6109Fがスマイルビジョンを取り付けて出場し、試運転を行った後に撮影した際に撮影した画像を用意してみました。

冒頭で2枚のポスターへのリンクを張らせていただきましたが、先に発売予定となったのが、こんな車両となる模様です。

Img_3518ar

現在の6114F。

 

製品化が発表されたのが、13日という事で昨日だったのですが、たまたま撮影していた6000系がこの編成でした。

そして、登場時から副都心線開業時まで(開業後は「Y」マーク貼り付け)に見られた6000系は、こんな車両となる模様です。

Img_6939r

副都心線乗り入れ対応工事を受けるために玉川上水へ向かう6113F。

 

池袋線所属の6000系ステンレス車としては最後まで副都心線乗り入れ非対応だった6113Fが製品化される模様です。

ステッカーに「Y」マークが付くと、色々な表現が出きるかと思いますが、新宿線所属だった時期がある6103~6107F、6112F、6115~6117FにしてIRアンテナを取り付けずに、引退直前の701系との競演を楽しむのも面白いと思います。

なお、両車とも設定時期は2007年度末のCIマーク貼り付け前のようなので、6114Fはかなり短期間の姿を再現していると言うことになるかと思います。

 

GREENMAXの予定では、副都心線乗り入れ対応車が2012年2月、非対応車が2012年4月を予定していますが、早くも発売の日が待ち遠しく感じます。

« EF64-1000(JR貨物更新車)が入線 | トップページ | 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

西武」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武6000系、GREENMAXより製品化決定:

« EF64-1000(JR貨物更新車)が入線 | トップページ | 「3色更新機」だった頃のEF64-1015を製作 »