« JR485系「華」が入線 | トップページ | Fujickey@「西武・電車フェスタ2011 in 武蔵丘車両検修場」 »

2011年6月 3日 (金)

EF65-56を製作

EF65-100号機と114号機の種車として購入していた、TOMIX製のEF65-0番台車の2次形(品番:9104)の1両を改造することにしました。

とりあえずひらめいたのがぶどう色塗装の56号機。

昨年頭まで同じぶどう色塗装の57号機が活躍していましたが、56号機が引退してから数年後にぶどう色となった車両(更新機)で、両車の相違点もいくつかあったので、それを出来るだけ再現することにしました。

(当然ですが)実物画像も改造着手画像もなかったため、こんな画像を用意しました。

Dscf9255c

改造着手前のEF65(左)。

 

右のユーロライナー牽引機は今でも未入線扱いで放置されていますが、この状態がまだしばらく続きそうな気がします。

左のEF65を改造するわけですが、この時点で屋上機器を一部の改造種車または分売パーツでパーツ交換を行っています。

屋上のモニターはこの後にEF65-1129の種車が入った関係で、黒色のモニターでもHゴム表現が白色のものと再交換しました。

この後、車両の各パーツを外して列車無線アンテナの孔を開けた後、車体色に塗装する信号煙管と前面の手スリを取り付けてぶどう色を塗装した後、屋根等の塗装を行いました。

Dscf9323c

塗装工程が終わってインレタ貼りも終わったEF65-56。

 

前面の飾り帯がぼやけた感じになってしまった以外はそれなりに表現することが出来ました。

なお、インレタは製品付属のものを使用し、「EF65-5」と「9」を逆さまにして「6」にして、それぞれ別に貼り付けました。

画像のものは表面保護前のものなので、インレタが白っぽくなっていますが、表面保護後はその白さが消えてくれました。

その後、茶色に塗装して置いた解放テコを取り付け、塗装のために外しておいた各パーツを元に戻し、57号機に付属していて余っていたメーカーズプレートを取り付けて完成しました。

Dscf9324c

完成した、EF65-56。

 

屋根等の塗り分けはよく分からなかったので、57号機と同等にしました。

そして、実物では並ぶことがなかった2両を並べてみました。

Dscf9325c

EF65-57と並んだ、EF65-56。

 

1番違いですが、Hゴムの色以外にも相違点は色々あり、自分の目標としていたレベルで再現することは出来たかと思います。

一方で、もう1両のEF65の方も製作が進行中なので、こちらも早めに完成させたいところです。

« JR485系「華」が入線 | トップページ | Fujickey@「西武・電車フェスタ2011 in 武蔵丘車両検修場」 »

入線記録」カテゴリの記事

模型改造記事(機関車など)」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF65-56を製作:

« JR485系「華」が入線 | トップページ | Fujickey@「西武・電車フェスタ2011 in 武蔵丘車両検修場」 »