« 800番台車組み込みの湘南色115系0番台車が入線 | トップページ | JR・E259系「N’EX」が入線 »

2011年6月26日 (日)

EF64-0番台車(5次形)が入線

TOMIXより発売された、EF64-0番台車(5次形・品番:9117)が入線しました。

当鉄道には、この5次形を4次形から改造して製作したJR貨物更新機の43号機がありますが、今回製品化されたのはJR東日本に所属する車両をプロトタイプとしているため、こんな車両を再現することにしました。

Img_1795ar

EF64-38。

 

JR東日本に所属する5次形で、現在も活躍を続けているのは37~39号機ですが、37号機はぶどう色塗色となっているため、38号機か39号機にしようと思っていましたが、JR貨物所属機ではないところを今回は強調したかったので、今回は列車無線アンテナ台座が青い38号機を選択しました。

なお、付属のナンバープレートはこの3機に加え、42号機が収録されていました。

この5次形の製品は7次形と異なり、屋根のパンタグラフ部分がグレーに塗装されていたので、その部分の塗装作業は省略し、未塗装パーツで取り付け後に塗装を行うパーツを取り付けました。

Dscf9330c

列車無線アンテナと信号煙管を取り付けた38号機と1000番台車。

 

ホイッスルも未塗装ですが、「さよなら北陸」に付属しているパーツに塗装済みのものが4個あるたるため、こちらを使用することにしました。

なお、左の1000番台車はその「さよなら北陸」の車両で、入線整備を含む改造作業が進行中ですが、こちらは入線までにはもう少し、時間がかかりそうです。

この後、パーツを塗装しました。

Dscf9331c

パーツの塗装を終え、パンタグラフやナンバープレートも付いた38号機。

 

パンタグラフの集電舟先端部は赤く塗装されているので、それを再現してみました。

ランボードの色はそのままとしていますが、一部分はグレーとなっている模様なので、こちらは後日修正しようと思います。

この後、パーツを元通りに組み立てて、線路上で撮影をしました。

Img_2559ar

入線した、EF64-38。

 

なお、ぶどう色塗装の37号機も同時に製品化されていますが、諸事情により今回の購入は見送ることになりました。

これで、当鉄道所属のEF64-0番台車は総勢8両となりましたが、1年前は旧製品の1両のみだったことを考えると、凄い勢いで増えたことを実感しました。

« 800番台車組み込みの湘南色115系0番台車が入線 | トップページ | JR・E259系「N’EX」が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF64-0番台車(5次形)が入線:

« 800番台車組み込みの湘南色115系0番台車が入線 | トップページ | JR・E259系「N’EX」が入線 »