« 江ノ電・10形が入線 | トップページ | 新潟色の115系をWパンタに改造 »

2011年4月 7日 (木)

2色のEF510-500番台車が入線

TOMIXより発売された、EF510-500番台車の北斗星色(品番:9108)とカシオペア色(品番:9109)が入線しました。

どちらも、実車を撮影したことがあるので、まずは実車画像からご覧下さい。

Img_1679ar

EF510-509牽引の「カシオペア」と、

Img_1012ar

EF510-508牽引の2095列車。

 

カシオペア色は語呂が良い510号機に設定したのですが、510号機は未撮影のため、509号機の画像を掲載しました。

そして、模型の方はと言うとこんな感じでした。

Dscf9294c

入線整備中の2両。

基本的には付属のパーツを使用しますが、信号煙管は脚が短すぎるため、EF65の時にも使用しているJA16に含まれているものを使用しました。

この信号煙管は強く押し込まないと入らないのですが、今回初めてそれを利用して取り付け部にマスキングテープを貼った後に取り付け、信号煙管を車体色に筆塗りしてみましたが、元々食い付きの悪い素材で出来ているだけに、好結果を得ることが出来ました。

その他は、前面窓ガラスの縁を黒く塗ったのはいつも通りでしたが、車体中心側の列車無線アンテナの部分をガンダムマーカーのグレーで塗装してみました。

塗ったことで特別目立つわけでもないですが、かと言って塗らないままにしておく気にもなれなかったので、塗ってしまいました。

思ったよりも手をかけずに入線整備が終わり、再び線路に戻して撮影しました。

Dscf9296c

入線整備が終わった、2両のEF510-500番台車。

 

工場らしく見せるため、路面電車用の線路を新たに購入してみました。

今度は本線へ移動し、撮影してみました。

Img_1977ar

本線上に姿を現した2両のEF510-500番台車。

 

こちらはデジイチで撮影しましたが、シャッター速度がかなり遅く、かなり明るめに写りました。

当鉄道には「北斗星」仕様の客車は在籍していますが、「カシオペア」用のE26系は在籍していないため、早く入線させたいと思っていますが、4月は入線車両がかなり多くなる予定のため、もうしばらく先の話になるかもしれません。

« 江ノ電・10形が入線 | トップページ | 新潟色の115系をWパンタに改造 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2色のEF510-500番台車が入線:

« 江ノ電・10形が入線 | トップページ | 新潟色の115系をWパンタに改造 »