« EF64-58を製作 | トップページ | JR・キハ40-500番台(左沢線)が入線 »

2010年10月 3日 (日)

EF64-43を製作

前記事では58号機が完成しましたが、これに加えて今度は43号機が完成しました。

こちらは一応実車を撮影しているため、そちらからご覧下さい。

Img_0167ar

実車のEF64-43。

 

JR貨物の更新工事を受けた車両の中では最若番で、グループとしては「5次形」に当てはまる車両です。

改造種車は4次形を使用しますが、5次形とは多少の相違点があり、前面ステップは7次形に合わせる形で削り取り、デフロスタ付きの前面窓はそこまで目立っているようには思わなかったため、そのままにすることにしました。

塗装自体はEF65-1000番台車の2色更新とあまり変わらないないようでしたが、広島港新色の67号機の方が塗装しやすかったというのが意外でした。

Dscf9186c

塗装が終わった、43号機。

 

この車両の特徴でもある、更新機+ルーバーの組み合わせを再現することが出来ました。

この後、各種パーツを取り付けた後、レボリューションの346番を使用してナンバープレートを取り付け、43号機は完成しました。

Dscf9194c

完成した、43号機。

 

それとほぼ時を同じくして、こんな車両の入線整備も終わりました。

Dscf9195c

入線整備が終わった、59号機。

 

手持ちの資料によると、この59号機は1次(3色)更新色の頃にPS22を搭載していたようで、58号機と共に少し違った雰囲気を出させてみました。

この車両も前述のナンバープレートを使用しました。

これで、初回購入の6両のうち、5両が入線を果たし、さらに追加購入した車両からも1両入線し、合わせて6両が揃ったので記念撮影をしました。

Dscf9196c

約2ヶ月の間に入線したEF64たち。

 

あと数両増える予定ですが、しばらくEF64の改造はお休みとなる予定ですが、全て完成したときにどんな風な並びになるのか、楽しみなところです。

« EF64-58を製作 | トップページ | JR・キハ40-500番台(左沢線)が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

模型改造記事(機関車など)」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF64-43を製作:

« EF64-58を製作 | トップページ | JR・キハ40-500番台(左沢線)が入線 »