« EF64-43を製作 | トップページ | JR武蔵野線用の103系が入線 »

2010年10月15日 (金)

JR・キハ40-500番台(左沢線)が入線

TOMIX製(販売は宮沢模型)のキハ40-500番台車(左沢線)が入線しました。

まずはそのパッケージをご覧下さい。

Dscf9198c

そのパッケージ。

 

山形に住んでいた頃にこの車両を見たことはありませんでしたが、当鉄道では山形近辺に縁のある車両を幾つも保有していたため、今回の入線に至りました。

と言っても、気動車の入線は十数年ぶりキハ110系以来というのは驚きでした。

この車両をケースから取り出し、まず整備前の状態を撮影してみました。

Dscf9199c

これから整備を受ける、キハ40。

 

側面の出羽三山をイメージしたというロゴマークが非常に鮮やかでした。

説明書に従い、タイフォン、列車無線アンテナ等の各種パーツを取り付けますが、列車無線アンテナはある程度まで孔を開けた後、屋根板を外してパーツを取り付けました。

と言うのも、説明書に記載されている0.5ミリの孔ではパーツは裏側から接着しないと落下する可能性が非常に高いぐらいの強度になっていたためで、このようにすることである程度の強度を確保することは出来ました。

入線整備も無事に終了し、レールに載せてこの2両を撮影しました。

Img_0697ar

入線整備が終わった、キハ40の2両。

 

ところで、このキハ40に余っていたパーツを利用してこんな風にしてみました。

Dscf9208c

冷房化改造を受けたキハ40。

 

JR東海や四国に在籍する車両には、こういった形の冷房装置が搭載されていますが、お遊びでやってみました。

この後元通りに直しましたが、キハ40系がこの後増殖しそうな気がしてなりません。

« EF64-43を製作 | トップページ | JR武蔵野線用の103系が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR・キハ40-500番台(左沢線)が入線:

« EF64-43を製作 | トップページ | JR武蔵野線用の103系が入線 »