« ED75-1000番台車(旧更新色)が入線 | トップページ | EF64-43を製作 »

2010年10月 1日 (金)

EF64-58を製作

最初に6両(うち3両が入線済み)を購入したTOMIXのEF64ですが、さらに追加で3両を購入しており、そのうちの1両で7次形原色(品番:9102)をベースとした58号機が完成しました。

Dscf9179c

完成した、EF64-58。

 

ご覧の通り、手スリ等が銀色に塗られた「お召し仕様機」で、さらに部品供給の都合からか、晩年はパンタグラフをPS22に交換していた車両です。

別パーツとなっている前面手スリや解放テコの銀色表現はそれほど苦労しませんでしたが、側面の手スリ部分は周囲をマスキングテープで囲ってからの作業となり、少々苦労しました。

また、ナンバーは58号機は収録されていないため、「EF64-※※」の※※の部分を削り、未だに改造に着手していない、EF65の2次形に収録されている58号機のインレタの「58」の部分を転写しました。

なお、当鉄道では重連を組むことを前提としており、前後で違う連結器を装備させて、コンビによっては動力ユニットを他車と交換することを前提としているため、連結器も実物では銀色とされていましたが、模型の方では黒色のままとしました。

最後に、銀色部分の塗装が剥がれるのを防ぐため、クリアーを吹いて早速、塩尻車同士でのコンビを組ませてみました。

Img_0545ar

コンビを組んだ、EF64-69と58。

 

この58号機の入線で、再発売後のTOMIXのEF64では4両が入線したと言うことで、重連が2組作れることになりましたが、改造はまだまだ続きます。

« ED75-1000番台車(旧更新色)が入線 | トップページ | EF64-43を製作 »

入線記録」カテゴリの記事

模型改造記事(機関車など)」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF64-58を製作:

« ED75-1000番台車(旧更新色)が入線 | トップページ | EF64-43を製作 »