« Fujickey@第11回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | 広島更新色のEF64-67を製作 »

2010年8月28日 (土)

E127系の0番台車と100番台車が入線

KATOより発売された、E127系の0番台車(品番:10-581)と100番台車(品番:10-582)が入線しました。

Img_0357ar

入線した、E127系の0番台車(右)と100番台車(左)。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、0番台車は新潟地区の、100番台車は長野地区(大糸線)に投入され、それぞれの地区で活躍していた直流急行型電車を置き換えた車両です。

今回製品化された両車とも、入線整備に関しては特に行いませんでしたが、一つだけこんな色入れをしてみました。

Dscf9178c

幌枠に色入れをした、クモハE127(右)。

 

これは100番台車も同じようだったため、同じように色入れをしました。

TNカプラー化したいところではありますが、他形式との併結がないことと、他の車両の改造を行っていて、それに集中したいと言うこともあって、TNカプラー化は見送りました。

ところで、今回は2連を2本ずつ購入したため、それぞれ別にも撮影しました。

Img_0358ar

E127系0番台車と、

Img_0359ar

100番台車。

 

100番台車は、霜取りパンタをクハに増設した編成が製品化されたようで、4器のパンタを上げてみました。

さて、当鉄道には新潟地区や長野地区用の115系が何編成か在籍しているため、機会があれば並べてみたいところです。

« Fujickey@第11回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | 広島更新色のEF64-67を製作 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E127系の0番台車と100番台車が入線:

« Fujickey@第11回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | 広島更新色のEF64-67を製作 »