« JR・ED75-1000番台車(後期型)が入線 | トップページ | JR719系-0番台車が入線 »

2010年5月 4日 (火)

小田急9000形の6連車が入線

マイクロエースより発売された、小田急9000形の6連車(品番:A-6195)が入線しました。

Dscf9024c

入線した、小田急9000形。

 

この他、4連2本を固定編成化した8両編成も製品化されましたが、こちらの購入は見送りました。

それでは例によって、この6両編成の各車両の画像をご覧下さい。

Dscf9025c

デハ9707

Dscf9026c

デハ9607

Dscf9027c

サハ9657

Dscf9028c

サハ9557

Dscf9029c

デハ9507

Dscf9030c

デハ9407

 

入線に際し、連結器の交換を実施しましたが、今回の先頭車の運転台側のTNカプラーは、スカート取り付け部がないものでも対応できるため、0331(生産中止品)で対応しました。

行き先表示は「急行・箱根湯本」としましたが、晩年の姿がプロトタイプとなっているため、新方向幕での再現となっていました。

この9000形の入線によって、当鉄道の小田急線の通勤車もだいぶ役者が揃ってきて、あとはGMの1000形や3000形を作ってしまえば、色々な組み合わせを楽しめそうなので、作ってみたいところではありますが、当分は完成品のみで我慢することとなりそうです。

« JR・ED75-1000番台車(後期型)が入線 | トップページ | JR719系-0番台車が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

小田急」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急9000形の6連車が入線:

« JR・ED75-1000番台車(後期型)が入線 | トップページ | JR719系-0番台車が入線 »