« Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 | トップページ | JR東海所属のデカ目115系・クハ115-188を製作 »

2009年10月19日 (月)

TOMIX製のEF81-95を再び現行仕様に改造

当鉄道に在籍する、EF81-95号機。

以前に、レタリングが窓にかかるようにする改造を行いましたが、最近検査出場した際に、そのレタリングが再び切れた状態になったため、それを表現しようと改造を計画していたところ、以前の記事でもお伝えしたように、実物の屋根上を記録することが出来たので、それも反映させることにしました。

まずは、再改造前からご覧下さい。

Img_6574r

再改造前のEF81-95。

 

今回の改造は、レタリングを元に戻すことがメインとなりますが、一応かかった姿も再現できるよう、EF81の黒Hゴムの窓パーツを購入。

側面の採光窓のパーツを交換して、窓の中央にあるガラス押さえ(みたいなもの)が銀色に塗装しようかと思ったのですが、いくつかの画像を見ると黒っぽくも見えたため、今回は黒のままとしました。

そして、今度は屋根上の部分。

まずは、実物画像をご覧下さい。

Img_6492r

Img_6493r

実物のEF81-95(’09.10,14撮影)。

 

検査出場からまだ日が浅いせいか、屋根上のランボードはまだきれいで、資料としては申し分のないものになりました。

これをもとに、模型に反映させてみました。

Img_6576r

ランボードを塗装した、EF81-95。

 

反対側は後追いの画像から判断しましたが、色の違う部分が1箇所しかなかったため、おそらくこれで実物通りの塗り分けではないかと思います。

欲を言えば、常磐線無線アンテナの跡を再現したいところですが、手持ちの画像では分かるものがなかったため、今回は見送りました。

そして、未塗装だった部分もあったステップと乗務員室扉脇の手スリも色差しして、今回の改造は終了したので、今度はいつものアングルで撮ってみました。

Img_6575r

改造が終わった、EF81-95。

 

今度機会があれば、流れ星塗装機カシオペア塗装機も狙ってみたいところです。

« Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 | トップページ | JR東海所属のデカ目115系・クハ115-188を製作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型改造記事(機関車など)」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX製のEF81-95を再び現行仕様に改造:

« Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 | トップページ | JR東海所属のデカ目115系・クハ115-188を製作 »