« KATO製のJR・313系にパンタ増設改造を実施 | トップページ | Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 »

2009年10月 6日 (火)

試しに戸当たりゴムを色差し

先日、GMストアへ行き、改造品などを眺めていると、戸当たりゴムの部分を先端が極細のガンダムマーカーを使用して黒く塗装したものが眼に留まり、思わず衝動買いしてしまったのですが、せっかく購入したので、試しに塗ってみることにしました。

試しというぐらいなので、まずはこんな車両に戸当たりゴムの色差しを行いました。

Img_6361r

西武・新2000系更新車の試作車。

 

最近では、211系を作ったり、313系を改造したり、他の車両を新たに製作したりで手が回らなくなっている西武・新2000系ですが、その製作途中に余ったボディを使用して作ってみた車両です。

この車両の戸当たりゴムと行先表示器を黒く塗装してみました。

Img_6362r

色差しを行った、西武・新2000系更新車の試作車。

 

少しずれてしまった部分もあったりしましたが、なかなか効果的ではないかと思います。

そして、次に改造したのが、ちょうど入場していたこんな車両でした。

Img_6363r

色差しを行った、115系の高崎リニューアル車。

 

今年頭に改造した、115系の高崎リニューアル車(左)ですが、元々この編成には動力を組み込んでいなかったため、動力車化と同時に行ってみました。

ちなみに、右は色差しを行っていない、JR東海仕様の1000番台車。

こちらは同じケースに入っていたので、参考用として並べてみました。

眼を凝らして見ないと分からない車両もあるかもしれませんが、とりあえずしばらくは、改造車両と入線車両に対して色差しを行っていこうかと思います。

« KATO製のJR・313系にパンタ増設改造を実施 | トップページ | Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 »

模型改造記事(電車)」カテゴリの記事

西武」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試しに戸当たりゴムを色差し:

« KATO製のJR・313系にパンタ増設改造を実施 | トップページ | Wパンタにしていたクモハ211をさらに改造 »