« JR・京葉線の103系(ケヨ104編成)の製作を開始 | トップページ | JR東海の211系を製作(2) »

2009年9月 5日 (土)

KATO製のJR・313系の2300番台車と2500番台車がTNカプラーを取り付けて入線

KATOより発売された、JR・313系の2300番台車(品番:10-588)と2500番台車(品番:10-587)がそれぞれ入線しました。

Img_6146r

TNカプラー取付の試作車として入線した3000番台車(右)と並ぶ、2500番台車(左)と2300番台車(中)。

 

当鉄道では先頭車の連結器は極力TNカプラーとしていますが、この313系はKATO製で、以前に3000番台車を入線させた際に、両先頭車のカプラーをTNカプラーに交換しており、その後の結果も良好だったため、今回入線分の5両のうち先頭車である4両に対して、同様の改造を行いました。

改造方法は基本的に同じですが、ライトユニットが変わったためか、床板もそれに応じて変わっていたのですが、それほど苦労はせずに改造を無事に終えることが出来ました。

 

なお、この方法はあくまで一例でありますが、一度行うと元に戻せなくなるため、改造はあくまで自己責任と言うことでお願いします。

また、切断作業が中心となるため、ケガ等には十分気を付けた上で作業を行って下さい。

 

それでは、まず車体を分解して床板を取り出し、運転台部分のカプラーや台車、ライトユニット等を取り外します。

さらに、連結器があった部分にTNカプラーを取り付けるため、台座ごと切断してしまいます。

その作業の際、ニッパーで切断しますが、事前に切断する部分をカッターナイフ等でスジを入れて置くことをおすすめします。

そして、切断後にはこんな感じになりました。

Img_6103r

連結器がなくなった、先頭車の運転台側。

 

そして今度は、極力小型化したTNカプラー(品番:0332)を取り付けますが、このままでは開口部は小さいため、少しずつ広げていくような感じで若干ゆるい程度までに現物合わせで削っていきます。

削り終えたら、TNカプラーの「受け」となる床板を製作します。

Img_6105r

TNカプラー取り付け用の床板を取り付けた前面部。

 

奥行きはテールライトのレンズに接触するかしないかのところから、ライトユニットの取付用の爪がある部分まで、幅はスカート取り付け用のツメがある部分の間です。

そして、新たな床板を両面テープで覆ってから、TNカプラーの動作に支障が出そうな部分を除去。

TNカプラーは、この床板接着するだけでは強度が足りないと感じたため、根元付近に新たに両面テープを貼っておきました。

この改造を全先頭車に施し、カプラーがTNカプラーになった313系を並べて再び撮影しました。

Img_6146r_2

TNカプラーに交換した、313系たち。

 

これで改造は終了したので、いつもと同じように各車両を紹介していきます。

Img_6147r

クハ312-2304

Img_6148r

クモハ313-2304

Img_6149r

クハ312-2324

Img_6150r

モハ313-2515

Img_6151r

クモハ313-2515

 

クモハ313-2304に関しては、諸事情によりパンタグラフをTOMIX製の373系用を小加工した物に交換しているため、実物とは異なり、集電シューが1本の物となっています。

なお、今回の313系のパンタが4本足の物となっていたため、新たに孔を開け直す必要がなかったのは助かりました。

そして、動力性能の方ですが、平坦部では申し分のない走りっぷりでしたが、ゴムタイヤを装着していないためか、2編成併結でも勾配では上りきれずにズルズルと逆送するという光景が展開されていました。

3000番台車も同じくゴムタイヤは非装着にも関わらず、特にそう言った事はなかったので、何かいい方法はないかと色々と検証しているのですが、答えはなかなか出てきそうにありません。

また、この事態に伴って、併結相手となる211系に動力に関しても再考を余儀なくされ、製作は止まってしまいました。

 

この記事より、トラックバックを送信しています。

T.O.重工の鉄道模型作製日誌さん

« JR・京葉線の103系(ケヨ104編成)の製作を開始 | トップページ | JR東海の211系を製作(2) »

入線記録」カテゴリの記事

模型改造記事(電車)」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR・京葉線の103系(ケヨ104編成)の製作を開始 | トップページ | JR東海の211系を製作(2) »