« JR・京葉線用の209系500番台車が入線 | トップページ | KATO製のJR・313系の2300番台車と2500番台車がTNカプラーを取り付けて入線 »

2009年8月29日 (土)

JR・京葉線の103系(ケヨ104編成)の製作を開始

1週間前に当鉄道に入線した、京葉線用の4両編成の103系(ケヨ204編成)が入線したのを受け、当鉄道に大量に在籍する103系で編成から外れていた車両を集めて、6両編成であるケヨ104編成を製作することにしました。

まず、今回の改造種車となった車両で6両編成を組んでみました。

Img_5985r

6連を組んだ103系。

 

このうち、モーターを搭載しないモハユニットは、こんな形態をしていました。

Img_5986r

ユニットサッシ車にAU712を搭載したモハユニット。

 

車番はオリジナルとしていますが、実物ではモハ103-290が特保車ではあるものの、ユニットサッシでAU712を搭載していたという憶えがあるため、これからクモハ103の製造両数である155を足したモハ102-445号車も同じだったと思われます。

この2両に関しては、実物のケヨ104編成が非ユニットサッシのAU75搭載車で車両更新車であったため、この車両のみ車両をGM製の101系の車体と交換することにしました。

そして、もう片方のモハユニットはこのままでも問題ないため、残るクハを塗り替えていく予定です。

最後に、こんな事もしてみました。

Img_5984r

試しに組んでみた10両編成。

 

TNカプラーの動作が不調だった以外は特に問題ありませんでした。

反対側のクハ103に取り付けていたTNカプラーは、10年ぐらい前に手抜き工事で取り付けた物のため、取付方法を改善しようかと思います。

« JR・京葉線用の209系500番台車が入線 | トップページ | KATO製のJR・313系の2300番台車と2500番台車がTNカプラーを取り付けて入線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR・京葉線の103系(ケヨ104編成)の製作を開始:

« JR・京葉線用の209系500番台車が入線 | トップページ | KATO製のJR・313系の2300番台車と2500番台車がTNカプラーを取り付けて入線 »