« Fujickey@第10回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | JR・京葉線用の209系500番台車が入線 »

2009年8月23日 (日)

JR・京葉線用の103系(ケヨ204編成)が入線

前記事の通り、8月21日は国際鉄道模型コンベンションへ行ったわけですが、そこでの限定品を一つ購入しました。

Img_5977r

入線整備前の103系・ケヨ204編成タイプ(品番:A-0550)。

 

201系に置き換えられるまでは103系が担当していた分割運用の付属編成として活躍していたうちの1本です。

地元・西武で言うと6000系のアルミ車が新車として紹介されていた頃のレイルマガジン誌では103系を細かく特集しており、それを購入してきちんと保管していたため、この編成の両先頭車がデータとして残っていたのですが、それを見てみると前面は全て黒Hゴム、側面の戸袋窓のHゴムは黒で、ドア窓は押さえ面式と、低運車の更新車としてはあまり多くはない組み合わせ。

模型ではそれはきちんと表現されていたのですが、一つだけ相違点を挙げるとすると、無線アンテナの形状が違うと言うことで、これをKATOの205系用の物に交換する事にしました。

それ以外はいつもと一緒で、各連結器の交換などが中心ですが、スカートの形状がクハの方が異なっているため、スカートに関しては両方とも外してしまいました。

それでは各車両の画像をご覧下さい。

Img_5978r

クモハ103-73

Img_5979r

モハ103-182

Img_5980r

サハ103-113

Img_5981r

クハ103-555

 

クハ103は、基本編成側となるため、電連付きとしています。

せっかくなので、クモハの前面も撮影しました。

Img_5983r

運行番号表示窓がない、クモハ103-73。

 

そして、

Img_5982r

入線整備完了後のケヨ204編成。

 

こうなってくると、当然ながらケヨ104編成も欲しくなってきてしまうため、余剰車等を生かして製作しようかと思っています。

« Fujickey@第10回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | JR・京葉線用の209系500番台車が入線 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR・京葉線用の103系(ケヨ204編成)が入線:

« Fujickey@第10回 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | JR・京葉線用の209系500番台車が入線 »