« 横浜線用のサハ205・小窓車を追加製作 | トップページ | JR・EF65田端車とゲッパを再改造 »

2009年5月19日 (火)

JR・E231系800番台車が入線

マイクロエースより発売された、JR・E231系800番台の10両編成(品番:A-3386と3387)が入線しました。

Img_4482r

入線し、これから整備を受けるE231系800番台。

 

この車両、以前に東京メトロ東西線用の05系07系を購入していたという経緯があって購入したのですが、無線アンテナと信号煙管のパーツが若干ですが受け入れがたかったためめ、連結器の交換や行先シール(前面のみ)の貼り付けなどと同時にTOMIX製のパーツに交換することにしました。

方法としてはパーツをニッパーで大まかに切断した後に屋根板との境界が分からなくなるぐらいまで整形し、孔をあけてパーツを取り付け、裏側から接着剤を流す方法で行いましたが、片方の先頭車はアンテナパーツが根元から取れてしまったため、多少ゆるいですが直接裏側から固定しています。

Img_4483r

アンテナと信号煙管を撤去したクハ。

Img_4484r

パーツを付け直し、組んだ状態のクハ。

 

なお、運転台側の連結器は例によってボディマウント式のTNカプラー(品番:0334)へ交換していますが、前回の入線車・小田急8000形の4連車を改造した際に、品番0331のTNカプラーが不足していたために品番0334のTNカプラーで代用していたものを再利用しています。

それでは例によって、各車両の画像をご覧下さい。

Img_4536r

クハE231-801

Img_4537r

モハE231-801

Img_4538r

モハE230-801

Img_4539r

サハE231-801

Img_4540r

モハE231-802

Img_4541r

モハE230-802(M)

Img_4542r

サハE231-802

Img_4543r

モハE231-803

Img_4544r

モハE231-803

Img_4545r

クハE230-801

 

M車には、登坂性能改善工事として天井部分にウエイトを3枚貼り付けています。

なお、この工事の初期施工車はウエイトが落下して、車内のウエイトが見えてしまう事態が起こっていたため、今回からは最後に天井全体をカバーするように両面テープで貼り付けるようにしました。

そして、整備終了後の編成全体の様子も撮影しました。

Img_4535r

これから試運転へ向かうE231系800番台車。

 

ところで、この車両を出してきたと言うことは、あの車両も出てくるかと思われますので、期待したいと思います。

« 横浜線用のサハ205・小窓車を追加製作 | トップページ | JR・EF65田端車とゲッパを再改造 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR・E231系800番台車が入線:

« 横浜線用のサハ205・小窓車を追加製作 | トップページ | JR・EF65田端車とゲッパを再改造 »