« 西武・新2000系の更新車を試作 | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(JR貨物更新車)に冷房装置を取り付け »

2009年2月17日 (火)

改造中だった横浜線用205系・クラH27編成が完成

205系の保留車などを使って2ヶ月ぐらい前から製作していた、横浜線用の205系・クラH27編成が完成しました。

Img_3185r

完成した、横浜線用205系のクラH27編成。

 

ご存知の通り、この編成は横浜線用では唯一、山手線からの転属車で構成されており、何と言っても側ドアの窓が小さいというのが最大の特徴です。

それでは、この編成全体をを4つに分割して撮影しましたのでご覧下さい。

なお、記事掲載の車番は実物のものとしていますが、現時点では模型車両に反映していないことをご了承下さい。

Img_3179r

クハ205-30

Img_3180r

モハ205・204(M)-88

 

この3両は、武蔵野線用の205系から改造した車両です。

8両全車に言えることですが、ホビーセンターカトーで購入したシールを使って、緑色の方向幕も再現しました。

Img_3181r

サハ205-59とモハ205・204-90

 

この3両は、山手線用205系の4両増結セットに入っている車両を使用しました。

模型での改造工期短縮のために、上側の帯は種車のままとなっているため、もと武蔵野線色車と帯色が違って見えてしまいます。

Img_3182r

サハ204-30

 

この車両ももと山手線用と言うことで、上側の帯は種車のままとなっています。

また、実車では転用に際し、通風機に取り付けられていたアンテナを外したため、模型でもパーツのアンテナ部分を切除して取り付けてみました。

Img_3183r

クハ204-30

 

こちらはクハ205と同じく、もと武蔵野線用車を改造したものです。

なお、この両先頭車は最近になって、武蔵野線用の205系と同じように、丸い台座の付いた無線アンテナに交換されていますので、模型でもそれを再現しました。

Img_2243r

丸い台座付きの無線アンテナに交換された、H27編成のクハ205。

 

元々が棒状の無線アンテナだったために交換されたものと思われます。

ちなみに、他編成では交換された編成は見かけませんでした。

Img_2245r

従来の無線アンテナのままの、H17編成のクハ205。

 

さて、当鉄道にはKATOから横浜線用の205系が発売された当初のものを保有していますので、本線をすれ違うシーンを再現してみました。

Img_3186r

Img_3187r

本線上ですれ違う、横浜線の205系。

 

右の編成が、横浜線に新製投入されたタイプの編成ですが、こちらは旧幕のままにしています。

それにしても、帯色の色調が結構違ってますね。

ちなみに、左の205系にはこんな細工もしています。

Dscf5162

周りを黒く塗装した前面窓ガラス。

 

輪郭がくっきりしているようにも見えますが、いかがでしょうか?

« 西武・新2000系の更新車を試作 | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(JR貨物更新車)に冷房装置を取り付け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改造中だった横浜線用205系・クラH27編成が完成:

« 西武・新2000系の更新車を試作 | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(JR貨物更新車)に冷房装置を取り付け »