« TOMIX製のEF64-0を少しだけディテールアップ(1) | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(東京機関区)をEF65-1062に改造 »

2009年2月21日 (土)

伊豆急・8000系の製作(4)

前回から半年経過してしまいましたが、伊豆急8000系も一応、製作を継続しています。

今回は、4連に組み込む中間車のモハ2両についてです。

今回は8039Fのセットを使用しているため、1両についてはパンタグラフ付きの中間車にそのまま組みましたが、もう1両は側窓を閉塞するのと、配管屋根が足りないと言うこともあって、未塗装の8500系のキットから製作することにしました。

ということでまずは、

Dscf5128

車体が組み上がったトイレ無しのモハ8100形(左)とトイレ有りのモハ8200形(右)。

 

このうち、トイレ有りの方のモハは、屋根板も一部手を加えています。

Dscf5129

一部の配管を削った、8200形。

 

トイレの側窓塞ぎ板は、デカールに付属していたものです。

そして、配管は屋根の中央からトイレ寄りを削って塗装作業へ。

当然ながら8200形のみに塗装を行いましたが、塗装済みの車両とそれほど違和感のない出来となりました。

Dscf5169

屋根の塗装まで終わった、2両のモハ。

 

この後は、帯デカールの貼り付けと屋上機器の塗装・取り付けが待っています。

« TOMIX製のEF64-0を少しだけディテールアップ(1) | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(東京機関区)をEF65-1062に改造 »

その他の私鉄」カテゴリの記事

伊豆急・8000系製作記」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆急・8000系の製作(4):

« TOMIX製のEF64-0を少しだけディテールアップ(1) | トップページ | TOMIX製のEF65-1000(東京機関区)をEF65-1062に改造 »