« クロ-ズアップレンズを使ってNゲージ車両を撮影 | トップページ | TOMIXのクモハ211をWパンタ化 »

2008年11月30日 (日)

JR・EF65-1118(レインボー塗装機)が入線

TOMIXより発売された、JR・EF65-1000形電気機関車(1118号機・レインボー塗装・品番:2113)が新たに入線しました。

Img_2152r

入線し、これから入線整備を受けるEF65-1118号機。

 

通称ゲッパとも呼ばれるこの車両、鉄道実車系の「Fujickeyの鉄道観察ルポ」でも、屋根上床下を最近、可能な限り資料として色々撮影し、記事としましたが、やはり個人的に気なっていたのは、側面のレタリングと冷房装置の有無など。

そちらは今月になって、TOMIXのホームページでも今現在の仕様となっていたため、一安心していました。

もう一つ気になっていた、列車無線アンテナは、2色のパーツが付属するという、ちょっと予想していなかった感じがしましたが、現在では台座が赤で、アンテナ自体はグレーですので、赤1色の台座を用いてアンテナを塗装しました。

Dscf5066

グレート赤のパーツが付属している、屋上機器。

 

さらに、前面にあるステップと、1エンド側車体下部にあるジャンパ栓受け(でしょうか?)を色差し。

あまり色差ししすぎると、他の車両とのバランスも取りづらくなるため、結局の所あまり手を加えずに、入線整備を終えることにしました。

まずは、

Img_2153r

2エンド側。

 

よく見ると脱輪していました。

そして、

Img_2155r

1エンド側。

 

ジャンパ栓への色差しが効果的だったのではないかと思います。

そして、こんな並びも撮影しました。

Img_2154r

2両の虹釜とEF65田端車の並び。

 

今回のゲッパ登場で、被牽引車の少なさが余計に気になりつつありますが、今後の入線予定車両がこれから増えてくるため、しばらくは留置線にいてもらおうかと思っています。

« クロ-ズアップレンズを使ってNゲージ車両を撮影 | トップページ | TOMIXのクモハ211をWパンタ化 »

入線記録」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

JR東日本:首都圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR・EF65-1118(レインボー塗装機)が入線:

« クロ-ズアップレンズを使ってNゲージ車両を撮影 | トップページ | TOMIXのクモハ211をWパンタ化 »