« Fujickey@鉄道模型ショウ 2008 | トップページ | 国鉄・EF65PF型(東京機関区・PS22B搭載車)が入線 »

2008年8月11日 (月)

Fujickey@国際鉄道模型コンベンション 2008

以前から行きたかったイベントではあったものの、日程の都合で行くことのできなかった「国際鉄道模型コンベンション」に初めて行ってきました。

この日は、その前に予約しておいたカメラのレンズを取りに行くため、秋葉原へ。

GMストアーにも寄りましたが、結局何も買いませんでした。

秋葉原から新橋に出て、そこからゆりかもめで国際展示場駅へ。

どんなイベントなんだろうと思いながら、入場しましたが、まずはこんな画像をご覧下さい。

Img_0274r_2

フジテレビと、

Img_0275r_2

ゆりかもめ。

 

ちなみに、自分はフジテレビとは何の関係もございませんので、ご了承下さい。

早速、新しいレンズで撮ってみましたが、これなら所沢のカーブも撮れそうな感じでした。

この画像は、会場を出た後に撮ったものなので、その前の模様を。

と言いたいところですが、どれも素晴らしいものばかりで、撮るのを忘れたぐらい楽しんでしまったので、少ししかありません。

ただ、その素晴らしいものの中でも自分が長い間見入ったものを少しですが撮影しましたので、ご覧下さい。

Dscf4966

Dscf4967

結伝社さんの作品。

 

Nゲージで製品化されていない車両も多く見受けられました。

今気付いたんですが、小田急4000形の左の電車が何なのか、気になってしまいました。

Dscf4968

関東学院六浦中学校・高等学校SCSさんの作品。

 

江ノ電を凝縮したようなレイアウトでした。

また、このレイアウトは3区間に分けて3人の方が列車を運転して、交換所で列車を交換しており、興味深いものがありました。

Dscf4970

Railway Fan Club(RFC)さんの作品。

 

こちらはDCCを使用して、同時に17本の列車をダイヤを組んで運行すると言った、チームワークも求められるような事をしていました。

しかしこの車両数、凄いですね。

 

なお、個人やグループの他、鉄道模型ショウなどと同じく、メーカーも参加していますので、そちらも回っていると、こんなものを見つけました。

Dscf4969

TOMIXのE233系のH編成。

 

KATOではH編成が製品化されていますが、TNカプラー付きのTOMIX製の方が都合が良いため、こちらからの製品化を望んでいましたので、無事に発売にまでたどり着くことを祈るばかりです。

 

簡単ではありますが、初参加の国際鉄道模型コンベンション、来年も来てみたいですね。

この後、りんかい線の国際展示場駅へ向かいました。

« Fujickey@鉄道模型ショウ 2008 | トップページ | 国鉄・EF65PF型(東京機関区・PS22B搭載車)が入線 »

イベント」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fujickey@国際鉄道模型コンベンション 2008:

« Fujickey@鉄道模型ショウ 2008 | トップページ | 国鉄・EF65PF型(東京機関区・PS22B搭載車)が入線 »