« TOMIXのEH500を少し色差し | トップページ | Fujickey@国際鉄道模型コンベンション 2008 »

2008年7月23日 (水)

Fujickey@鉄道模型ショウ 2008

小手指での撮影を終えた後は、今日から始まった鉄道模型ショウに行くため、銀座へ。

例年、池袋まで西武線で出て、有楽町線→南北線→銀座線と乗り継いでいくのですが、今回も往路に関してはこのルートで行きました。

今回は珍しく招待券を持っていたので、入場口で当日券と変えてもらって入場。

去年のような、インパクトのある鉄橋の姿はありませんでしたので、とりあえずは各メーカーの展示を見て回ることのしました。

まず最初に行ったのが入口に一番近いKATO。

この辺では模型でもあまりお目にかかれないこんな並びを撮影しました。

Dscf4925

223-2000系と281系。

 

実物ならば、京都~新大阪間では良く見られるのではないでしょうか?

KATOは、それほど引きつけられる物がなかったため、MODEMOに移動。

当鉄道では江ノ電を数編成保有しているため、多少興味がありました。

そこでは、最近製品化が発表された江ノ電20形のサンプルが展示されていたので、撮影しました。

Dscf4926

江ノ電20形の試作品。

 

自分は江ノ電10形が大好きなので、車体の形状が似ている20形を製品化すると言うことは、いつか10形も製品化されるのではないかと、期待をしております。

 

MODEMOの次はマイクロエースへ。

8月に開催される、国際鉄道模型コンベンションで限定発売されるとの情報を雑誌で見かけた憶えのある、JR167系が展示されていました。

Dscf4929

パノラマエクスプレスアルプスに準じた塗装となっている、田町区167系メルヘン車。

 

今度、初めて国際鉄道模型コンベンションに行ってみようかと思っていますが、買わないと思います。

Dscf4931

メトロ07系東西線仕様車。

 

実車では、4本の07系が東西線に転出したため、模型でも製品化されることになりましたが、こちらは既に予約を入れているという状態です。

Dscf4932

メトロ5000系。

 

その一方でこちらは、まだ検討中と言う段階です。

Dscf4933

都営5300形。

 

下がスカート丈の短い初期型です。

こちらは検討もしていませんでしたが、出来はなかなか良さそうな感じがしました。

 

マイクロエースの次は、本命のTOMIXへ。

と言うのも、今年1月~6月の間に入線した車両が一番多かったのが、TOMIX製なわけです。

今回は機関車中心でした。

Dscf4936

原色・冷房付きのEF66。

Dscf4937

更新色・冷房無しのEF66。

 

更新機については以前、発売予定が取り消されたことがありましたが、今回はちゃんと発売してくれることを祈るばかりです。

なお、冷房装置はユーザー取り付けとなる模様ですので、原色で冷房無しも実現できるものと思われます。

Dscf4938

鉄コレ。

 

左の3つは、西武・451系です。

もっとも、実物を見た憶えがないので、懐かしいとも思えませんでした。

Dscf4951

「さよなら銀河」セットに入ると思われる車両。

 

購入予定はありませんが、こういうものを見てしまうと、購入意欲をそそられてしまいますね。

Dscf4949

奥出雲おろち号の牽引機・DE10-2558。

 

機関車だけの展示となっていました。

この車両、TOMIXのホームページにも製品化の発表がなかったため、正直驚きました。

 

TOMIXの後は、グリーンマックスへ。

と言っても、新製品の展示とかは見当たらなかったため、展示車両を撮影しました。

Dscf4939

東急の車両たち。

Dscf4940

クモヤに挟まれて回送中の103系。

 

この後は、中心にあるジオラマを撮影しました。

Dscf4942

Dscf4941

TOMIXのジオラマ。

 

カメラ付きの車両も運転されていました。

Dscf4946

Dscf4944

Dscf4945

KATOのジオラマ。

 

と言っても、下2枚はHOゲージのものです。

大きさが大きさなので、かなり撮影しやすかったのですが、ゲッパとセンゴックが出てきたのには驚きました。

最後は、ディディエフのちっちゃいジオラマです。

Dscf4947

餘部鉄橋とキハ181系。

Dscf4948

伊豆北川駅と169系三鷹車。

 

入線記録の時に撮影するのにはもってこいだと思いましたが、餘部にステンレス製の電車は似合いませんよね?

 

会場を隅から隅まで見て回った割にはさほど長い間いなかったような気がします。

個人的にはマイクロエースとTOMIXが新製品が多いと思ったぐらいで、ジオラマが単調すぎたのではないかと思ってしまいました。

来年はあの鉄橋の復活を祈りながら帰路につきましたが、復路は表参道で半蔵門線に乗り換えて渋谷へ。

渋谷から副都心線の電車に初乗車しましたが、乗ったのが急行(西武線内快速)の飯能行き。

渋谷を出たあたりから所沢まで、記憶がありませんでした。

« TOMIXのEH500を少し色差し | トップページ | Fujickey@国際鉄道模型コンベンション 2008 »

イベント」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fujickey@鉄道模型ショウ 2008:

« TOMIXのEH500を少し色差し | トップページ | Fujickey@国際鉄道模型コンベンション 2008 »