« 登坂性能改善工事を試験的に施工 | トップページ | Fujickey車両基地を大改造 Vol.13 »

2008年1月20日 (日)

西武・新2000系の製作(2連編・2)

前回から約2ヶ月経ち、久しぶりに制作中の新2000系に手を付けました。

予想通り、すぐに製作がストップしました。

ただ、その間にも通風機の向きを間違って付けてしまったりなど、一応作っていたことは作ってました。

 

今回は、屋上機器を取り付けました。

Dscf2376

クーラー以外の屋上機器の取り付けを終えた、新2000系。

 

特別に何かしたと言うことはなく、普通に取り付けました。

ただ、先ほど言った通風機の向きを間違えると、傾くので気を付けるとすればその辺でしょうか?

とりあえず車体の大まかな部分が出来上がりましたので、机上から基地上に移動させました。

Dscf2377

車両基地に姿を現した、新2000系。

 

連結面の連結器は既に、KATOの密連型に交換しています。

床下機器は、手前のクモハをモーター付きにする予定のために取り付けていませんが、奥のクハにも取り付けていません。

その辺は今後のことも考えて、色々試しながらやっています。

次は、スカートを2ヶ月ぐらい経ってから付けましょうか?

« 登坂性能改善工事を試験的に施工 | トップページ | Fujickey車両基地を大改造 Vol.13 »

西武」カテゴリの記事

西武・新2000系製作記」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 登坂性能改善工事を試験的に施工 | トップページ | Fujickey車両基地を大改造 Vol.13 »