« Fujickey車両基地を大改造 Vol.9 | トップページ | レンタルレイアウトで試運転を行った、「夢空間」 »

2007年12月25日 (火)

Fujickey車両基地を大改造 Vol.10

工事はまだまだ終わりそうな感はしませんが、一段落つきました。

とりあえず、内側線の線路部分が完成し、エンドレスを電車が走行できるようになりました。

Dscf2180

内側線を走行中のE231系。

 

線路の下にE231系のグリーン車や169系が留置されている場所は、Vol.6で紹介した、工場風な建物の位置です。

本線の線路の敷設の替わりに、撤去することになってしまいました。

なお、この部分はまた変更する可能性もあるため、仮の状態と言うことになります。

そして、上の画像を見ると、本線が分岐していることに気付くと思いますが、この先が2層式のカーブということになります。

Dscf2178

信号機付近に停車中の西武101系。

 

この車両はずっと、この付近に停車したままです。

信号機は、まだ2機残っているため、どこかしらに設置しようかと思っています。

さて、この線路を敷設し始めるときの採り入れたい一つの要素として、「新車展示・撮影のための留置線」を掲げていましたが、留置線というのは不可能なことが分かったため、本線で試してみることにしました。

Dscf2177

試しに撮ってみた、E231系近郊タイプの10両編成。

 

マクロ撮影なので、最後尾付近が厳しいですね。

もっと遠くからズームして撮れば、何とかなりそうな感じもしますが、とりあえず残った部分の工事を先に済ませようと思っています。

« Fujickey車両基地を大改造 Vol.9 | トップページ | レンタルレイアウトで試運転を行った、「夢空間」 »

車両基地改造」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Fujickey車両基地を大改造 Vol.9 | トップページ | レンタルレイアウトで試運転を行った、「夢空間」 »